mineral heab tent

一年を通して、テーマにしたい温活】

お伝えしたいのは「身体を温めること」の大切さです。

身体の冷えを感じている方は、もちろん
身体のだるさを感じている方、疲れ・ストレスを感じている方にも、関係している身体の冷え。
ダイエットしたい!と思っている、または、今、ダイエット中の方にもお伝えしたい大事なことです。

よく【温活】という言葉を、目にしたり、聞いたりしませんか?

近年、大注目されている温活。それだけ注目されるということは、大事なことなんだろうな。とお気付きだと思います。
では、なぜそんなに大事なんでしょう?身体が冷えると、どうなるのでしょうか?

冷えるのはイヤだな。。身体が冷えて辛いという方もいらっしゃると思います。身体が冷えれば循環が悪くなり、さらに冷えを招き、コリやすく疲れやすい身体になります。もちろん、身体が冷えていることで、むくみやすくなり、太りやすく痩せにくい身体に変わっていきます。寝つきが悪くなり、睡眠の質も下がり、免疫力や治癒力も下がるでしょう。

冷えは「万病の元」と言いますが、本当にその通りだなと思います。身体の冷えからくる不調は、ここに書ききれないほど、たくさんあります。それほど、冷えは不調の元となるのです。

元々私は、極度の冷え性です。冷えの辛さも、冷えからくる身体の不調も抱えていました。だから、冬はずっと苦手でした。お風呂で温まっても、足だけは温まりきらなかったり、足のだるさだけは残っていたり・・・。毎年、夏になると足のむくみは、ピークに!見るだけでため息が出る、足首がなくなるほどのむくみ。。。肩は、無駄に力が入って呼吸も浅い。疲れは、溜まる一方でコンディションの良い日なんてあったのかな?と思うほどでした。

以前の私のように、身体の冷えがあり、なかなか改善しないという方は、やり方をちょっと変えるといいかもしれません。

身体の冷えお風呂

身体が冷えたら、ゆっくりお風呂で温まる。これも、大事なのですが、毎日ゆっくり入ってるのに、冷えが改善しないという方は、「足湯」がおすすめ。

温泉に行くと、足湯があったりしますよね。足が温まると、全身ぽかぽかになります。お風呂では、足元まで温まる前に熱くなってしまったり、足まで温めようと頑張りすぎれば、のぼせてしまいます。全身隅々まで、同じように温まるにはお風呂だけでは、難しいのです。

例えば、お水を「常温」のものと、「凍らせた氷」。同時に温めたら?常温のほうは、ブクブク沸騰してるとき、氷のほうは、少し温まってきたかなぁってくらい。この沸騰までの時間差、身体にも同じことが起きてます。

お風呂に浸かったとき、常温の水ように「冷たくなってない顔や上半身」と、氷のように「冷たくなってしまった足先や太もも」。上半身が温まった頃、足先や太ももは、まだまだ温まっていません。

冷たくなってしまった足が、温まるまでお風呂に入っていたら、お風呂で倒れてしまうかもしれません。

だから、お風呂だけで全身を温めることが難しいのです。

「大切なのは、全身が温まること」

全身温めるには、足を温めることです。

毎日のお風呂は、もちろんですが、プラス一日1回の「足湯」がおすすめです。

『自分でセラピー』
お家では、バケツにお湯を入れ、15分くらいを目安にリラックスして入ってください。お風呂に入る前に、足湯に入ってもOK。朝でも、寝る前でも「冷えてるな」と思ったら、一日1回入ってみてくださいね!
足の疲れも、むくみも改善されやすいですよ!

『サロンでセラピー』
サロンでは、夏でも冬でも一年を通して、全身温まることができる「ミネラルハーブテント」があります。
春も、夏も、秋も、冬も。年中ある身体の冷え。冷えからくる「不調の元」を、ミネラルバーブテントで吹き飛ばしましょう!

 

 

PAGE TOP